仮想通貨不正流出の取引所コインチェック、日本円での補償を決定 ネットでは称賛の声も

2018年1月28日

1月26日に仮想通貨NEM(XEM)が不正に送金され流出した問題で、仮想通貨取引所コインチェックが顧客から預かっていたXEMを日本円で補償することを28日未明に発表しました。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について | コインチェック株式会社

NEM財団やコミュニティーにより、不正に送金されたコインは追跡されており、仮想通貨取引所では換金できない措置が取られている。

システムに介入して取引をなかったことにはできないため、そこから先には進めていない状態。

 

スポンサーリンク

称賛の声

 

 

その一方で不安材料も